キャノン BC-360 BC-361、BC-345 BC-346、BC-340 BC-341詰め替え方法(補充方法)

エコッテ まえの 4,646 views
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
キャノン BC-360 BC-361、BC-345 BC-346、BC-340 BC-341詰め替え方法(補充方法)

1.キャノン詰め替え対応インクは?

詰め替えインク

エコッテでは、キャノン用詰め替えインクをインクの形状に応じて2種類ご用意しています。

  1. インク吐き出し口に垂らして詰め替えるタイプ
  2. インク本体に穴をあけて詰め替えるタイプ

こちらでは、2のインク本体に穴をあけて詰め替えるタイプの詰め替え方法(補充方法)をご紹介させていただきます
対象型番:BC-360 BC-361BC-345 BC-346BC-340 BC-341などです。

対応プリンター一覧(代表例):TS5330、TS3330、TS203、TS3130他対応(2021年4月現在)

1のインク吐き出し口に垂らして詰め替えるタイプは、BCI-381+380BCI-371+370BCI-351+350BCI-326+325BCI-321+320BCI-24・BCI-21BCI-19などです。

2.詰め替えインクの成分

顔料1色染料3色タイプエコッテのキャノン用詰め替えインク成分は、純正品と同じ黒(BK)を顔料インク、カラー(CMY)を染料インクで販売しています。
そのため、純正品同様文字がくっきり写真は色鮮やかに印刷可能です。

2-1.補充時の注意点

BC系カートリッジはカラーが一体型なので、インクの色の入れ間違いにご注意ください。

取り扱い説明書にインクの並びを記載しているので、確認の上補充をお願いします。
BC中身
間違えてしまった場合は、そのカートリッジを使わずに新しいものに交換してください。

3.詰め替え時に用意するもの

まずはビギナーセットと汚れ対策の新聞やチラシをご用意ください。

②新聞やチラシ1枚

ビギナーセットとは、エコッテがはじめてさん用に用意した①取扱説明書②手袋③詰め替えインクボトル④ノズル⑤ドリルがすべて揃ったセットです。

詰め替える純正インクは一番最初にプリンターに入っていたセットアップ用もお使いいただけます。

機種によっては、セットアップ用カートリッジと通常のカートリッジとで仕様が異なることがあり、詰め替え回数や量が通常と違う場合がありますので、その点だけご留意ください。

4.詰め替え方法手順

インクの詰め替え手順は全型番同じです。

4-1.インクボトルを開栓する

インクボトルと付属の赤キャップを使用して、ボトルに穴をあけます。

①フタをあける

フタをあける
インクボトルのフタを回し開けます。フタは使用後再度漏れ防止用に使用します。

②穴をあける

穴をあける

付属の赤キャップピンをボトルの先端に取り付け、垂直にゆっくりと奥まで差し込んで開栓します。完全に穴が開いたら赤キャップは捨ててしまって大丈夫です。

ボトルを強く握ると、インクが飛び出る恐れがありますのでご注意ください。

③ノズルをつける

ノズルをつける

付属のノズルをしっかりと取り付けます。※詰め替え後はインクボトルの先端にフタを付けて保管します

4-2.カートリッジに開ける穴の位置を確認する

指の腹でラベルの上からカートリッジの表面を触ると、少しへこんでいる部分があります。こちらが穴を開ける位置になります。

bc色の並び

 

取り扱い説明書を参考に穴を開ける位置を確認してください。

※BC-345は、へこみがないためラベル左上に穴を開けてください。
「BC-310/311」「BC-340/341」「BC-340/341XL」 「BC-361XL」は「BC-360/361」と同様の位置となります。
「BC-345XL」は「BC-360」と同様の位置となります。

4-3.カートリッジに穴を開ける

ドリルにグリップを付け、カートリッジに穴(注入口)を開けます。

BC系インク穴あけ

ドリルはカートリッジの穴の位置に直角にあて、押し込むようにしっかりと回します

回していくと「スポッ」と穴が開きます。別の色の穴を開けるときは、ドリルの刃を拭いてから使ってください。

★スタッフからワンポイント★
穴を開ける際にくずが出ますが、カートリッジ内に入ってもスポンジがあるため問題ありません。

4-4.カートリッジにインクを注入する

カートリッジ裏面のインク出口にティッシュを敷き、インクボトルのノズルの先を注入口に差し込んだ後、インクボトルの腹を2秒間圧縮し、5秒間離す作業を繰り返して充填を行います。

BC系詰め替え
※インク出口からインクがボタボタ垂れてくるなど、入れすぎるとインクが漏れて印字不良の原因となりますのでご注意ください。

※インク注入量の確認方法※

純正インクカートリッジはインクが空の状態でも少し重みがあり、手で持っただけではインクが入っているのか分かりづらくなっています。

インクの注入量を確認する場合、インクを補充する前と後に調理用などの目盛の細かいはかりで重さをはかると、カートリッジ内のインク量が分かります。
スケール
【参考】インク注入量

型番 インク注入量目安 注入後カートリッジ重量
BC-360/345/340XL 15ml 44.2g
BC-361/346/341XL 各5ml 49.7g
BC-360/345/340 7.5ml 39.9g
BC-361/346/341 各2.5ml 43.6g
BC-310 15ml 40.5g
BC-311 各5ml 42.1g

上記注入量は、新品の純正品と空の純正品の重量差から算出していますが、実際にはそれよりも多く注入できる場合もございます。

4-5.カートリッジの穴にシールを貼る

付属のシールを穴をあけたインク注入口に貼ります。

BC系シール

※BC-345は開ける穴の位置が端にあるので、銀シールの細い部分を使って穴を塞いでください。bc345

4-6.プリンタにセットする

プリンタにセットして、テスト印刷やヘッドクリーニングを行ってください。

インクをセット

ヘッドクリーング操作方法:

  1. セットアップボタンを押す
  2. 液晶モニターに[2]を表示させる
  3. モノクロボタンまたはカラーボタンを押す
  4. プリントヘッドのクリーニングが開始される

電源ランプが点滅したあと点灯すると、クリーニングが終了します。
クリーニングが終了するまで、ほかの操作を行わないでください。終了まで約1分かかります。
クリーニングしてもきれいに印字されないときは、強力クリーニングを行ってください。

5.エラー点滅が出た場合

インクがなくなりかけるとエラー点滅がします。
エラー点滅

5-1.「エラー点滅回数 = 13回 」

サポート番号:1686
インクはなくなりかけていますが、まだ印刷できる状態です。プリンターのOKボタンを押すと、印刷を続けることができます。

5-2.「エラー点滅回数 = 16回 」

サポート番号:1688

インクがなくなりました。インクカートリッジを交換してください。

印刷が完了していない場合は、プリンタのストップボタンを5秒以上押すと、インク切れの状態で印刷を続行することができます。本操作後はインク残量検知機能は使用できなくなります

6.残量検知無効操作とは?

残量検知無効操作とは「インク残量に関係なく印刷してOK!」と指示する操作のことを指します。

もともとインクには「空打ち」をさけるために残量が無くなったら印刷を止める機能が備わっていますが、残量検知無効操作をするとその機能が働かなくなります。

無効操作後は、空打ちを避けるため定期的にインクを補充してください。

残量検知

一度、「残量検知無効操作」を行ったカートリッジのインク残量は表示されなくなりますが、新しい純正カートリッジに交換すると残量検知は復活します。

7.対応プリンター一覧

対象型番:対象型番:BC-360 BC-361BC-345 BC-346BC-340 BC-341などです。

対応プリンター一覧(代表例):TS5430、TS5330、TS3330、TS203、TS3130他対応(2021年11月現在)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

関連記事

創業1999年「詰め替えインクのエコッテ」
創業1999年「詰め替えインクのエコッテ」