詰め替えインクのリセッターが動かないときの原因と対処法

エコッテ まえの 6,123 views
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
詰め替えインク用リセッターの使い方とメリットデメリット

1.動作不良時確認事項

リセッターについて知りたい方は詰め替えインク用リセッターの使い方とメリットデメリットをご覧ください。
このページではエプソン・ブラザーの詰め替えインクを使う際に、リセッターを使っても残量検知がされなかった際の対処法をご紹介します。
まずは動作不良時に確認したいポイントをチェックしてみてください。

  • 対応機種・カートリッジはあっているか?
  • リセッター基盤は汚れていないか?
  • 正しい位置に接触しているか?
  • 【電池式】電池残量はあるか?
  • 【USB式】PCにつないでいる場合、PCの電源は入っているか?
  • 【USB式】USBは2.0のTYPE-Bを使っているか?
  • 【USB式】USBは両サイドしっかりささっているか?

2.不具合解消手順

電池式とUSB式で形や電源供給方法が少し異なりますが、基本的なトラブル対処法は同じです。

USBつないだリセッター

USBタイプ

コンセントやPCにつないで使います

resetter

電池タイプ

電池内蔵なのでそのまま使えます

2-1.対応機種を確認する

使用できるリセッターはカートリッジによって異なります。リセッター名同じエプソンプリンターでも対応していない型番にはご使用いただけませんので、取扱説明書や表記を再度確認してください。

2-2.対応カートリッジを確認する

詰め替えは、必ず純正カートリッジをご使用ください。互換純正互換品は、純正品と違ってICチップにリセッターが効かないので、エコッテの互換であっても構造が違うので使用できません。

2-3.正しい位置に当たっているか確認する

リセッターはカートリッジにあてる位置がわずかでもずれてしまうとランプは点灯しません。端子部分
取扱説明書をご覧いただき、位置や向きが間違っていないか確認し、少しずつずらすように位置を調整してください。正しい位置でしっかり押し当てると緑色のランプが点灯します。

2-4.ICチップの汚れを拭く

ICチップICチップとは、インクカートリッジ側についている金属部分です。ここの金属分が指紋やインクで汚れて被膜を作っていると上手くリセットできません。
インクを補充してからリセッターを使用すると、補充したインクが溢れだしてリセッターの中の基板を汚しリセットが出来なくなってしまうことがあります。汚れを防ぐため、必ずインク補充の前にリセッターを行ってください。
万が一ICチップに汚れがついてしまった際は、柔らかい布でICチップを拭いてください。

2-5.【電池式】電池切れ

電池切れリセッターはボタン電池(LR41)で動作しています。ご購入から時間が経っている場合は、リセットに必要な電圧が得られずランプが光らなくなることがあります。

電池式をやめてUSB式を購入希望のリピーター様はカスタマーサポートまでご連絡ください。

電池交換方法

リセッター電池ドライバーを使い、外蓋を外します。中の基板は両端をつまんで取り外します。ボタン電池は基板に金属カバーで固定されているので、ラジペンなどでツメを持ち上げてから、電池を押し出して交換します。
ボタン電池は家電量販店やコンビニなどで販売されている「LR41」を3個使用します。

基盤は精密機械なので、電池を入れ替える部分以外極力触れないようご注意ください

2-6.【USB式】リセッターに電源が供給されていない

パソコンとリセッターリセッターとUSBをつないだら、USBをACアダプタにさしてコンセントから電源を供給してください。

PCからリセッターの電源を供給する場合は、PCの電源を「ON」にしてください。PCの電源がOFFの状態ではリセッターに電気が供給されずリセッターが作動しません。

2-7.【USB式】USBコードが間違っている

USBコードは「2.0のTYPE-B」をお使いください。エコッテでも販売しています。USB連結部分

2-8.【USB式】USBコードが外れてる

USBが両側しっかりささっているのを確認してください。PCがない場合はスマホ充電器などで使われているUSBに使えるACアダプタでもご利用いただけます。

3.保証について

エコッテの詰め替えインクは1年間の2つの保証をおつけしておりますので、下記対処法を行っても解決しない場合はすぐにカスタマーサポートまでご連絡ください。

安心のふたつの保証(返品交換・修理保証)
また、電池式からUSB式に変更希望の方もカスタマーサポートまでご連絡ください。

詰め替えインク型番一覧

詰め替え対応型番をそれぞれメーカーごとにまとめました。エプソンは型番によってリセッターを使用する場合としない場合があります。

3-1.エプソンのリセッターを使用するインク型番

3-2.ブラザーのリセッターを使用するインク型番

3-3.エプソンのリセッターを使用しないインク型番

エプソンには中の構造が複雑で純正インクに詰め替えることが難しい型番があります。そういった形状のインク型番にはリセッターを使用しない詰め替え専用カートリッジを使用します。
詰め替え専用カートリッジにはICチップ本体に残量をリセットする機能が備わっているので、リセッターを使用する必要がありません。詳しくは詰め替えインク用リセッターの使い方とメリットデメリットをご覧ください。

3-4.リセッターを使用しないキャノン

TS3330やTS6330などキャノンプリンターにはリセッターはありません。キャノンプリンターはリセッターを使用しなくても残量検知無効操作をするだけで詰め替えインクが使用できるので、キャノンをお使いの方はキャノンインクの残量検知を無効(リセット)にする方法をご覧ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

関連記事

困った!「pdf 印刷できない」時の対処法

困った!「pdf 印刷できない」時の対処法