【2021年最新版】最新キャノンプリンターTS8530とTS7530を比較してみた!

エコッテ まえの 4,871 views
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
【2021年最新版】最新キャノンプリンターTS8530とTS7530を比較してみた!

1.ずばり結論

2021年11月発売のキャノンプリンターピクサスTS8530と2021年10月発売のキャノンプリンターピクサスTS7530を比較するとやはりTS8530のほうが高機能!

ディスクレーベル印刷をする方やはがきの両面印刷をしたい方はTS7530ではできないので、TS8530がおススメです!

さらに、純正インクで比較するとランニングコスト(印刷代)はTS7530のほうが高くなるので、大量印刷する方にはTS7530はあまりおススメできないです。


助太刀異星人
もひっち
価格が1万円以上変わってくるので、細かく機能を比較していこう!

2.基本仕様を比較

重さやサイズ、スピードなどを比較するよ。

ピクサスTS8530 ピクサスTS7530
大きさ(収納時)mm 横幅372×奥行345×高さ142 横幅376×奥行350×高さ142
重さ 約6.6kg 約6.3kg
印刷スピード 16秒/1枚 16秒/1枚
印刷コスト(L版写真) 22.1円(大容量) 31.8円(標準容量)
自動両面印刷 〇(はがき非対応)
給紙方式 2WAY(前面1段+背面) 2WAY(前面1段+背面)
ディスクレーベル ×
インク色数 6色 5色
本体カラー ブラック・ホワイト・レッド ブラック・ホワイト・ブルー


助太刀異星人
もひっち
奥行が少しだけTS7530のほうが大きいね。あとは、目立って違う点でいうとインク代がL版1枚で約9.7円も違うね!

3.インク代を比較

インクはTS8530TS7530も独立型です。顔料(PGBK)1本と染料が入っており、文字はくっきり写真はグラデーションがきれいです。

TS7530TS8530

独立型なので無くなった色だけを交換できて無駄がありません。

TS8530のBCI-331+330TS7530のBCI-301+300は、どちらも詰め替えインクがすでに発売されていますので、詰め替えインクを使用すればさらに節約可能です!

上記の表でも記載していますが、TS8530に比べてTS7530はインク代がL版印刷1枚に対し約9.7円ほど高くなりますので、印刷代が気になる方は特に詰め替えインクを使用しましょう(純正インクで比較)。

BCI330331

TS8530(BCI-331+330) TS7530(BCI-301+300)
純正インク 22.1円 31.8円

9.7円を100枚すったら970円…1000枚刷ったら約1万円…。大量印刷する場合は結構な差になりますね。


助太刀異星人
もひっち
純正インクはどうしてもインク代が高くなってしまうので、印刷代を気にせず楽しみたいときは詰め替えインクを使おう!

4.機能で比較

機能面ではどれくらい違うのか比較してみましょう!

TS8530 TS7530
QRコードでダイレクト接続
コピー・スキャン
液晶サイズ 4.3型TFT 1.44型有機EL
LINEトークプリント
スクエア印刷
タッチパネル ×
ダイレクト印刷(SDカード) ×
手書きナビ ×


助太刀異星人
もひっち
基本的な機能はTS7530も揃っているけど、SDカード印刷や手書きナビ、タッチパネルだけでの操作などをしたいならTS8530しかできないよ!

 

5.総合レビュー

機能面ではやはりTS8530のほうが優れていますが、普段使いであればTS7530で十分かと思います。

「新しいプリンター型番でなくてもいい」という方なら、TS8530の旧型番TS8430もおススメです。
TS8430
TS8430で使用しているBCI-381+380はすでにエコッテで大人気商品となっており、トラブルもほとんど報告されていません!
万が一のトラブルにもエコッテは「1年間の2つの安心保証」をお付けしているのでご安心ください。


助太刀異星人
もひっち
2つの保証はインクだけでなくプリンターも保証するのでとっても安心だよ!

6.よくある質問

TS8530TS7530はなにが大きく違う?

ディスクレーベル印刷をする方やはがきの両面印刷をしたい方はTS7530ではできないので、TS8530がおススメです!純正インクの印刷代がTS7530のほうがTS8530に比べてL版1枚あたり9.7円も高いので、大量印刷をする方はTS8530がおススメです。

TS8530TS7530を安く買う方法はある?

プリンターは材料不足の影響もあって安く買う方法があまりないので、継続してかかるインク代(ランニングコスト)を安くするのがおススメです。
TS8530のBCI-331+330やTS7530のBCI-301+300を使用する場合は詰め替えインクを使用しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

関連記事

創業1999年「詰め替えインクのエコッテ」
創業1999年「詰め替えインクのエコッテ」