PX-M6711FT PX-M6712FT インクは何を買えばお得?

エコッテ ごとう 856 views
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
PX-M6711FT

EPSON プリンターPX-M6711FT、PX-M6712FTのインクを何を買えばお得か悩んでいる方はズバリ、互換インクをおススメします。約半額のコスト削減ができるのがなんと言っても魅力です。
このページではプリンターの特徴、純正インクの最安値、互換インクのメリット・デメリット等を順を追ってお話ししていきますので、あなたのインク代節約のお役に立てれば幸いです。

>> EPSON PX-M6711FT、PX-M6712FT用インク IT08 4色セットで純正品の約半額のコスト削減

節約する

PX-M6711FT PX-M6712FT はエコタンクのFAX搭載機

PX-M6711FT、PX-M6712FTはエコタンクの中でもA3ノビ印刷が出来て、FAX機能もついているビジネスプリンターになります。エプソンのビジネスプリンターのインクは顔料インクを使用した機種が多いようです。

PX-M6711FT PX-M6712FT の共通点

この2つの機種は機能は同じです。2つのビジネスプリンターの特徴は下記の3つになります。

    • エコタンク搭載機
    • A3ノビ機
    • FAX機能
    • 顔料インク使用

PX-M6711FT PX-M6712FT の違い

2つ機種の違いは速度になります。下記がその速度の違いです。この速度の違いがプリンター価格の違いになっているようです。

A4カラー文書の印刷速度
◆A4カラー文書の印刷速度 : PX-M6711FT:約12.0ipm 、 PX-M6712FT:約25.0ipm
※A4モノクロ文書の印刷速度はいずれも、約25.0ipmです
◆ファーストプリントタイム ※A4カラー文書の場合 : PX-M6711FT:約8.5秒 、 PX-M6712FT:約5.5秒
※A4モノクロ文書のファーストプリントタイムはいずれも、約5.5秒です。
◆ファーストコピータイム  ※A4カラー文書の場合 : PX-M6711FT:約14.0秒 、 PX-M6712FT:約13.5秒
※A4モノクロ文書のファーストコピータイムはいずれも、約6.0秒です。
◆連続複写速度 : PX-M6711FT:約10ipm 、 PX-M6712FT:約23ipm
※A4モノクロ文書の連続複写速度はいずれも、約23ipmです

PX-M6711FTと同じインクを使うプリンター機種一覧

プリンター型番 発売日 最大用紙サイズ 機能 プリンター価格(税別)
PX-M6711FT 2020年7月 A3ノビ FAX/コピー/スキャナ ¥109,980
PX-M6712FT 2020年7月 A3ノビ FAX/コピー/スキャナ ¥139,980
PX-M791FT 2020年7月 A4 FAX/コピー/スキャナ ¥89,980
PX-S6710T 2020年10月 A3ノビ 印刷のみ ¥90,500

上記の機種はいずれも同じインクIT08「えんぴつ削り」を使うプリンターになります。
FAX機能が付いたA3機はインクジェットプリンターでは少ないのビジネスで必要な方にはピッタリのプリンターですね。

PX-M6711FT・PX-M6712FTのインク型番は?

PX-M6711FT、PX-M6712FTの対応インクは顔料インクでIT08シリーズ呼称が「えんぴつ削り」です。googleなどの検索エンジンでは「エプソン 鉛筆削り」で検索されることも多いようです。色は4色でそれぞれの型番がIT08KA(黒)・IT08CA(シアン)・IT08MA(マゼンタ)・IT08YA(イエロー)になります。

IT08KA・IT08CA・IT08MA・IT08YAのインク価格

エプソンから販売されているPX-M6711FT、PX-M6712FTのインクの値段を確認してみます。インクはエコタンクですので一般のインクジェットプリンターインクカートリッジよりは割安になります。ただ、残念なことにここ最近、エプソンのエコタンクインクの値段も上がってきているようです。

成分 インク型番 商品名・色 インク量 エプソンダイレクト 価格
顔料 IT08KA えんぴつ削り ブラック 127ml ¥5,720(税込)
顔料 IT08CA えんぴつ削り シアン 70ml ¥2,750(税込)
顔料 IT08MA えんぴつ削り マゼンタ 70ml ¥2,750(税込)
顔料 IT08YA えんぴつ削り イエロー 70ml ¥2,750(税込)

以前のエコタンクインクと比較するとやはり高いです。ヤドカリ(YAD)・ハリネズミ(HAR)と比較してみると次のような結果になりました。いずれもエプソンダイレクト(2020年11月19日時点)での価格です。黒は同じ顔料でも倍以上の価格になっています。
YAD(顔料黒)127ml ¥2,365(税込)、HAR-C/M/Y各色(染料)70ml ¥1,265(税込)

純正品は安くならない

プリンターメーカーであるエプソンから販売されているのが、純正品のインクボトルです。300年インクというだけあり、とても高品質です。インクカートリッジと比較すると充分やすいのですが、それでも「えんぴつ削り」「IT08」は高いですね。最安値でぜひ購入したいところですが、残念なことに純正品はどこで買っても価格にさほどの差がありません。
試しにいくつかのネットショップでIT08KAの価格を比較してみます。価格は202011月20日時点の価格.comを参考にしています。
この時点でIT08KAの最安値は5,006円でこれ以下の価格は難しいでしょう。尚、別途送料がかかる場合もあります。

ラディカルベース 5,006円(税込)
123market   5,007円(税込)
Amazon.co        5,008円(税込み)

純正品はこんな方におすすめ!

高いといってもインクカートリッジタイプに比べると相当安いIT08(鉛筆削り)です。写真も文書もきれいに印刷できるのですからこんなに嬉しいことはありません。でもやっぱりもう少し安くなったらと思わずにはいられない私です。純正インクボトルはこんな方に向いているのではないでしょうか?

  • インクの色にはこだわりがある
  • 長期保存を重視する
  • 印刷コストは高くてもOK
  • インクは年1回しか買わない

IT08の互換インクボトルを使うという選択肢

よくを言えばもう少し安いと嬉しいと思っておられる方に互換性のあるIT08KA、IT08CA、IT08MA、IT08YA、インクボトルをおススメします。互換インクボトルはお薬のジェネリックのようなものだと思ってください。エコタンクのインク代が更に大きくコスト削減ができるのがなんと言ってもメリットです。互換インクボトルも、純正品のインクボトルと同様、エコタンクにインクを補充して使用する商品です。純正品ではないので、価格も安く済みます。純正品ではないですが、プリンターとの間でトラブルが起きにくいため、安心してご使用いただけます。

IT08KA インク互換品約半額になる!

互換インクボトルの対応表が下記の通りです。黒は純正インクボトルより約54%お得、カラーインク各色は約40%お得になります。

成分 対応インク型番 商品名・色 インク量 エコッテ互換インク 価格
顔料 IT08KA えんぴつ削り ブラック 互換インクボトル 140ml ¥2,640(税込)
顔料 IT08CA えんぴつ削り シアン  互換インクボトル 70ml ¥1,650(税込)
顔料 IT08MA えんぴつ削り マゼンタ 互換インクボトル 70ml ¥1,650(税込)
顔料 IT08YA えんぴつ削り イエロー 互換インクボトル 70ml ¥1,650(税込)

4色セットは6,940円で純正インクボトルに比べると約半額になります。黒だけ4本セットもあるので更にお得です。
IT08互換インク4色セット


IT08 4色セット互換インク


互換インクボトルの補充方法は

エプソン純正品のIT08KA・IT08CA・IT08MA・IT08YA同様、タンクの注入口にボトルの先を差し込めばインクは自動的に補充できます。但し、ボトルの内側にフイルムが貼ってあるのでそれをカットする必要があります。(ボトルに説明書きがあるので大丈夫です。)その後は純正品と同じですのでご安心ください。

互換インクボトルはこんな方におすすめ!

普段使いで頻繁に印刷したい方には互換インクボトルをお使い頂くことをおすすめします。特に大切なものを印刷する時だけエプソン製に戻すという使い方でも良いかと思います。

  • インクは普段使いで充分
  • 長期保存しない(20年程度)
  • とにかく印刷コストを削減したい

互換インクボトルはどこで買う

EPSON IT08KA・IT08CA・IT08MA・IT08YAのインク、互換品は商品の品質にバラつきがありますので信頼できるお店をお選びください。

  • インクの専門店
  • 販売実績があるお店
  • プリンターのことにも詳しい担当者がいるお店
  • 保証がしっかりしているお店
  • リピート客が多いお店

エコッテは1999年創業

エコッテは創業1999年からプリンターのインク一筋だから長年のファンもいるんだよ。(`・∀・´)エッヘン!!

 

メンテナンスボックスについて

最後にもう一つおまけでお話ししておきます。IT08KA・IT08CA・IT08MA・IT08YAのL使うプリンターはメンテナンスボックスを交換することができます。EPSON プリンターは印刷方法から廃タンクエラーがCanonより早めに起きやすいのが特徴です。今までは長期に使用した場合、定期的に修理に出す必要があったのですが、最近はメンテナンスボックスが交換できるタイプが出回っています。
このタイプだとエプソンに修理にだすことなくメンテナンスボックスを購入して交換すれば良いだけですので助かります。

メンテナンスボックスの値段

メンテナンスボックスはエプソンダイレクトショップ、アマゾン等で販売されています。型番はPXMB9PXMB9、 エプソンダイレクトショップで2,618円(税込)です。

>>> EPSON IT08KA・IT08CA・IT08MA・IT08YA 対応 互換インクボトル 4色セットの詳細を見る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

関連記事

創業1999年「詰め替えインクのエコッテ」
創業1999年「詰め替えインクのエコッテ」