ブラザー MFC-J6573CDWのインクは何を買えばお得?

エコッテ せきの 1,074 views
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

この記事をお読みいただいている方の中には、MFC-J6573CDWのインクについて、何を買えばいいのか迷っている方も多いと思います。

実際、家電量販店やWEB通販サイト(amazonや楽天市場など)では、様々なインクが販売されていて、よくわからないですよね……。

そこでこの記事では、インクの型番・種類・価格など、きっとためになるお役立ち情報を紹介します。

お手持ちのプリンターを有効活用していただけるよう、最適なインク選びのお手伝いになれば嬉しいです。

早速ですが、結論から知りたいという方もいると思うので、インクの種類とポイントをあげてみました。

  • 純正品は、プリンターメーカー正規品で、価格はとても高いが、とにかく品質に優れている。
  • 互換品(互換インク)は、純正品を模して製造された新品だが、価格や品質も様々で、比較検討の必要がある。
  • 詰め替えインクは、純正品に補充するためのインクで、とにかく印刷代を節約できて、プリンターにも安全。
インク代を節約したい場合は、「詰め替えインク」が圧倒的にお得だね。
純正品のインクカートリッジがそのまま再利用できるので安心だよ。

助太刀異星人
もひっち

1.MFC-J6573CDWのお得なプリンターインクがあればと思いますよね。

タイプ:インクジェット 最大用紙サイズ:A3 解像度:6000x1200dpi 機能:FAX/コピー/スキャナ

このプリンターの特徴は大量印刷をするユーザー向けということと、なんといってもA3までのコピー・スキャン・ファクスに対応しているということですね。

縮小しないでA3が印刷できてこの値段なんてレーザープリンターでは考えられないですよね。

しかもカラー印刷ですから、驚きです。

他プリンターメーカーとブラザープリンターの大きな違いはご存じのとおり、FAX機に強いということですよね。

そして、図面などをA3用紙で印刷するユーザーに焦点を合わせているということですよね。

こんなMFC-J6573CDWをバンバン使い倒したい方、プリンターインクの価格を気にせずお仕事したい方に朗報です。

2.MFC-J6573CDWの互換インクは印刷コストを約 1/3 節約

 brother LC113-4PK 互換インク

プリンターのインクで純正品以外に、互換インクカートリッジというものがあります。

純正品を模して製造されたインクカートリッジで、純正メーカー以外の商品です。

純正品よりも安く販売することを目的としているため、インクの品質はやや劣りますが、普段使いには十分です

また、純正品と同じように、プリンターにセットするだけなので、簡単にインクを交換することができます。

プリンターインクの通販老舗店エコッテでは、LC113-4PKの互換インクカートリッジを、1,980円(税込)で販売しています。印刷コストは約1/3です。

互換品 LC113BK LC113C LC113M LC113Y 合計 価格 コスト
通常量 10ml 7ml 7ml 7ml 31ml 1,980円 52円/ml

2-1.互換インクはこんな方におすすめ!

  • インクは普段使いで充分
  • 長期保存しない(20年程度)
  • 簡単手軽がいい
  • それなりに印刷コストを削減したい
  • インクは年数回しか買わない

3.MFC-J6573CDW対応の詰め替えインクはトラブルなく、安い!

最後に、意外とあまり知られていないのが、詰め替えインクです。

詰め替えインクは、純正品のインクカートリッジにインクを補充して使用する詰め替え用の商品です。

シャンプーや洗剤のように、容器(インクカートリッジ)に、インクを詰め替えて、再利用することができます。

中身のインクを購入して、外身の容器は買いなおす必要がないため、価格も安く済みます。

さらに、互換インクとは違い、すでに使用している純正品のインクカートリッジにインクを補充するので、プリンターとの間でトラブルが起きにくいのもとても大きなメリットです。カートリッジが読み込まずに認識しなかったり、プリンターにセットできなかったりといった問題も全くと言っていいほどありません。

LC113-4PK のカートリッジでは、10回以上詰め替えることができるので、とてもお得です。そして、度々カートリッジを買い替える必要がないため、地球にやさしくエコです。

詰め替え LC113BK LC113C LC113M LC113Y 合計 価格 コスト
注入量 10ml×3 7ml×4 7ml×4 7ml×4 120ml 5,610円 47円/ml

3-1.詰め替え方法は簡単!

LC3119-4PK 詰め替え方法
以外に簡単!」これは実際のお客様の声です。

空になったブラザーのLC3119 4PK、LC3117 4PKに自分でインクを詰め替えます。

カートリッジはどちらでもOKです。

インクを注入と同時に残量表示を有効化するためにリセッターを使う必要があります。

使用方法はインクカートリッジのICチップ部分にリセッターの針を合わせるだけです。

これで残量も表示されます。

詰め替え方法やリセッターの使用方法は商品同梱の説明書に詳しく書かれていますのでご安心下さい。

3-2.詰め替えインクはこんな方におすすめ!

  • インクは普段使いで充分
  • 長期保存しない(20年程度)
  • 手作業が好き
  • カートリッジがもったいない
  • とにかく印刷コストを削減したい
  • インクは月1回以上買う

3-3.詰め替えインクはどこで買う

詰め替えインクはサポートが充実している信頼できるお店をお選びください。

お客様の中には他の安価なインクをお使いになって印字出来ない等のトラブルになられた方もおられます。

何気ないことですが、エコッテはインクの質にはこだわっています。

  • インクの専門店
  • 販売実績があるお店
  • プリンターのことにも詳しい担当者がいるお店
  • 保証がしっかりしているお店
  • リピート客が多いお店

3-4.エコッテは1999年創業

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

関連記事

ブラザー LC3111BKは何を買えばお得?

創業1999年「詰め替えインクのエコッテ」
創業1999年「詰め替えインクのエコッテ」