エプソン PX-045Aのインクは何を買えばお得?

エコッテ ごとう 13,956 views
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

この記事をお読みいただいている方の中には、PX-045Aのインクについて、何を買えばいいのか迷っている方も多いと思います。

実際、家電量販店やWEB通販サイト(amazonや楽天市場など)では、様々なインクが販売されていて、よくわからないですよね……。

そこでこの記事では、インクの型番・種類・価格など、きっとためになるお役立ち情報を紹介します。

お手持ちのプリンターを有効活用していただけるよう、最適なインク選びのお手伝いになれば嬉しいです。

早速ですが、結論から知りたいという方もいると思うので、インクの種類とポイントをあげてみました。

  • 純正品は、プリンターメーカー正規品で、価格はとても高いが、とにかく品質に優れている。
  • 互換品(互換インク)は、純正品を模して製造された新品だが、価格や品質も様々で、比較検討の必要がある。
  • 詰め替えインクは、純正品に補充するためのインクで、とにかく印刷代を節約できて、プリンターにも安全。
インク代を節約したい場合は、「詰め替えインク」が圧倒的にお得だね。!
詰め替えインクについては、「4.詰め替えインクは80%も安い」で紹介されているよ。
すぐに商品を見てみたい場合には、IC69(砂時計)詰め替えインクから見てね。

助太刀異星人
もひっち

節約する

1.EPSON PX-045Aは4色の顔料インクを採用したプリンター

EPSON PX-045Aは、小型ボディに、スキャンやコピー機能を備えた、A4対応インクジェットプリンター。エプソンのインク「IC4CL69」に対応しています。

この他にもPX-045A / PX-046A / PX-047A / PX-105 / PX-405A / PX-435A / PX-436A / PX-437A / PX-505F / PX-535Fに対応しています。(2017年10月10日時点)

いずれも、エプソンのColorio(カラリオ)シリーズの主力となっているインクジェットプリンターです。

プリンターで印刷を続けていくと、インク切れになりますが、インクはいったいなにを購入するのがよいのでしょうか?

2.IC69(砂時計)の純正品は価格が高い

ic4cl69プリンターメーカーであるエプソンから発売されているのが、純正品のインクカートリッジです。

つよインクというだけあり、とても高品質ですが、その分、価格はとても高いものになっています。

エプソンのダイレクトショップでそれぞれの価格を見てみると、 セットのIC4CL69は、4,224円(税込) 各色本1本ずつでは、1,089 円(税込)となっています。(2019年10月1日時点)

純正品のインクカートリッジはとても高く、インクがなくなるたびに、純正品を購入していくと、あっという間にプリンター本体よりも高い価格になってしまいます。

純正品 ●ICBK69 ICC69 ICM69 ICY69 合計 価格 コスト
通常量 5ml 5ml 5ml 5ml 20ml 4,224円 211円/ml

2-1.純正品はこんな方におすすめ!

  • インクの色にはこだわりがある
  • 長期保存を重視する
  • 簡単手軽がいい
  • 印刷コストは高くてもOK
  • インクは年1回しか買わない

3.互換インクは印刷コスト1/3節約

砂時計 互換インク

プリンターのインクで純正品以外に、互換インクカートリッジというものがあります。

純正品を模して製造されたインクカートリッジで、純正メーカー以外の商品です。

純正品よりも安く販売することを目的としているため、インクの品質はやや劣りますが、普段使いには十分です

また、純正品と同じように、プリンターにセットするだけなので、簡単にインクを交換することができます。

プリンターインクの通販老舗店エコッテでは、IC69(砂時計)の互換インクカートリッジを、1,980円(税込)で販売しています。

印刷コストは約1/3です。

互換品 ICBK69 ICC69 ICM69 ICY69 合計 価格 コスト
通常量 5ml 5ml 5ml 5ml 20ml 1,980円 99円/ml

3-1.互換インクはこんな方におすすめ!

  • インクは普段使いで充分
  • 長期保存しない(20年程度)
  • 簡単手軽がいい
  • それなりに印刷コストを削減したい
  • インクは年数回しか買わない

4.詰め替えインクは80%も安い

EPSON IC4CL69 詰め替えインク

詰め替えインク、やっと発売されました!

純正品のインクカートリッジを再利用して、中身のインクを補充することができます。

詰め替えと聞くと、シャンプーや洗剤の詰め替え用商品が想像できますが、プリンターのインクも同様に詰め替えることができます。

詰め替えることにより、純正品や互換インクを使用するよりも、印刷代を節約することができます。IC69(砂時計)の場合には、純正品に比べて、

約80%もインク代を節約することができます。

詰め替え ICBK69 ICC69 ICM69 ICY69 合計 価格 コスト
注入量 10ml×3 10ml×3 10ml×3 10ml×3 120ml 5,368円 45円/ml

詰め替えインクはこんな方におすすめ!

  • インクは普段使いで充分
  • 長期保存しない(20年程度)
  • 手作業を楽しめる
  • とにかく印刷コストを削減したい
  • インクは月1回以上買う

詰め替えインクをご利用のお客様の感想


購入者さん
2013年09月18日
おすすめ度
★★★★★

今まで使っていたプリンターが故障し、急遽新しいのに換え変えました。インクの事が心配に成り、エコッテさんに問い合わせしたところ該当商品が有るとの事で安心しましたがICチップの不具合とかで、少し時間が掛かるとの事でしたが1ヶ月程でトラブルが解消したとの連絡を頂き、早々に購入しました。プリンターにセットしましたが、何のトラブルも無く素直に動いてくれました。エコッテさんには、対応の早さ、低価格で提供していだき感謝しております。これからも、その末永くお付き合い下さい。

お客様の感想をもっと見る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

関連記事

創業1999年「詰め替えインクのエコッテ」
創業1999年「詰め替えインクのエコッテ」