ブラザー MFC-J5820DNのインクは何を買えばお得?

エコッテ せきの 1,586 views
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

この記事をお読みいただいている方の中には、MFC-J5820DNのインクについて、何を買えばいいのか迷っている方も多いと思います。

実際、家電量販店やWEB通販サイト(amazonや楽天市場など)では、様々なインクが販売されていて、よくわからないですよね……。

そこでこの記事では、インクの型番・種類・価格など、きっとためになるお役立ち情報を紹介します。

お手持ちのプリンターを有効活用していただけるよう、最適なインク選びのお手伝いになれば嬉しいです。

早速ですが、結論から知りたいという方もいると思うので、インクの種類とポイントをあげてみました。

  • 純正品は、プリンターメーカー正規品で、価格はとても高いが、とにかく品質に優れている。
  • 互換品(互換インク)は、純正品を模して製造された新品だが、価格や品質も様々で、比較検討の必要がある。
  • 詰め替えインクは、純正品に補充するためのインクで、とにかく印刷代を節約できて、プリンターにも安全。
インク代を節約したい場合は、「詰め替えインク」が圧倒的にお得だね。
純正品のインクカートリッジがそのまま再利用できるので安心だよ。

助太刀異星人
もひっち

1.MFC-J5820DN はファクスクラウド転送対応のインクジェットプリンター

2015年1月にブラザーから発売されたMFC-J5820DNは、コードレス子機1台、無線FAX搭載のビジネスインクジェットインクジェットプリンターです。

2.MFC-J5820DN に対応したインクカートリッジはLC219/215-4PK

MFC-J5820DNで使用する純正品のインクカートリッジは、LC219/215-4PKという型番で4色を使用します。

それぞれの色は●顔料ブラックLC219BKシアンLC215CマゼンタLC215MイエローLC215Yという型番になっています。

シアン、マゼンタ、イエローのカラー3色は染料を採用しています。

顔料インクは文章をくっきりはっきり印刷するのに向いていて、染料インクは写真を発色よくキレイに印刷するのに向いています。LC213も使用できますが標準サイズになります。(LC219/215-4PKは大容量サイズ)

3.MFC-J5820DNの純正インクは品質はよいが、価格が高い…

LC219-4PK LC219 純正インクプリンターメーカーであるブラザーから発売されているのが、純正品のインクカートリッジです。

とても高品質ですが、その分、価格はとても高いものになっています。LC213の純正品は、単品と4色セットが販売されています。

ブラザーのダイレクトショップでそれぞれの価格を見てみると、大容量の4色セットで9,611円(税込)、標準サイズの4色セットで5,346円(税込)です。(2019年10月01日時点)

純正品のインクカートリッジはとても高く、インクがなくなるたびに、純正品を購入していくと、あっという間にプリンター本体よりも高い価格なってしまいます。

純正品 LC219BK LC215C LC215M LC215Y 合計 価格 コスト
通常量 40ml 14ml 14ml 14ml 62ml 5,346円 86円/ml

3-1.純正品はこんな方におすすめ!

  • インクの色にはこだわりがある
  • 長期保存を重視する
  • 簡単手軽がいい
  • 印刷コストは高くてもOK
  • インクは年1回しか買わない

4.MFC-J5820DN対応互換インクカートリッジの品質は価格次第で変わる?

brother LC213-4PK 互換インク

100円均一でも見かけるようになり、馴染みのある方も多くなってきた互換インク。

純正品と同じように、プリンターにセットするだけで手軽に使うことができますが、互換インクはお店によって値段も性能もピンキリです。

プリンターがカートリッジを認識してくれなかったり、ひどい場合だと機種にダメージを与えたりといったトラブルも。

その点エコッテのインクはご安心!安定した高品質で標準サイズのLC213の4色セット2,970円(税込)で販売しています。(2019年10月01日時点)

インクの量は純正品と同じです。

互換品 LC213BK LC213C LC213M LC213Y 合計 価格 コスト
通常量 10ml 7ml 7ml 7ml 31ml 2,970円 96円/ml

4-1.互換インクはこんな方におすすめ!

  • インクは普段使いで充分
  • 長期保存しない(20年程度)
  • 簡単手軽がいい
  • それなりに印刷コストを削減したい
  • インクは年数回しか買わない

5.MFC-J5820DNの詰め替えインクなら安いうえに、トラブルもなし!

brother LC217/215-4PK 詰め替えインク

意外とあまり知られていないのが、詰め替えインクです。

シャンプーや洗剤などと同じように、実はプリンターのインクも補充して使うことができます。

インクが切れてしまった純正品のカートリッジのインク出口から、詰め替え用インクボトルを使ってインクを注入することができます。

純正品の70%オフのコストで印刷ができることになります!

詰め替え LC219BK LC215C LC215M LC215Y 合計 価格 コスト
注入量 40ml 14ml×2 14ml×2 14ml×2 120ml 6,380円 58円/ml

5-1.詰め替えインクはこんな方におすすめ!

  • インクは普段使いで充分
  • 長期保存しない(20年程度)
  • 手作業が好き
  • カートリッジがもったいない
  • とにかく印刷コストを削減したい
  • インクは月1回以上買う

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

関連記事

ブラザー LC3111BKは何を買えばお得?

創業1999年「詰め替えインクのエコッテ」
創業1999年「詰め替えインクのエコッテ」