ブラザー LC3111BKは何を買えばお得?

エコッテ せきの 3,800 views
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

1.ブラザーLC3111Bkは対応プリンターが多い

LC3111BkはLC3111 4PKの黒インクの型番です。

このLC3111のインクを使うプリンターはブラザーの中でも該当機種が非常に多いです。

ブラザーのインク「LC3111Bk」に対応しているプリンターはPRIVIOシリーズの DCP-J572N 、 DCP-J577N 、 DCP-J582N 、 DCP-J972N 、 DCP-J973N-B 、 DCP-J973N-W 、 DCP-J978N-B 、 DCP-J978N-W 、 DCP-J982N-B 、 DCP-J982N-W 、DCP-J987N-W 、DCP-J987N-B 、 MFC-J738DN 、 MFC-J738DWN 、 MFC-J893N 、 MFC-J898N 、 MFC-J903N 、 MFC-J998DN 、MFC-J998DWN の17機種です。

ちなみにすべてA4機で、前方のアルファベット3文字が「MFC」とあるのがFAX機になります。

プリンター価格も手ごろなので人気の機種になりますね。

また、ブラザーはFAX機能がついているプリンターはキャノン、エプソンより充実しているのも特徴です。

ですのでLC3111のインクをお使いの方も多いわけです。

1-1.LC3111BKは黒、カラーは3色

LC3111Bkは黒、その他シアン、マゼンタ、イエローが加わり全4色です。

黒は顔料インクで型番はLC3111BK。

カラーは染料インクで型番はそれぞれLC3111C、LC3111M、LC3111Yとなります。4色セットの型番はLC3111-4PKです。

黒は多く使う方向けにlc3111bk-2pkという黒が2個入ったセット品もあります。

1-2.LC3111 4PKの純正インクはいくらするの?

ブラザーダイレクトクラブでLC3111の純正インク価格を確認してみました。

LC3111-4PK 4,136円(税込)、LC3111BK 1078円(税込)、LC3111C 1078円(税込)、LC3111M 1078円(税込)、LC3111Y 1078円(税込)でした。

ブラザーサイトではA4 1枚あたりのインクコストは約8.4円(税抜)とありました。

1-3.純正インクは安くならないの?

ブラザーのLC3111Bkを含むLC3111 4PKの純正インクが安くなればそれに越したことはないのですが、残念ながら純正インクは安くなりません。

そもそも卸値が高いので販売価格にもそれほど差がありません。

1-4.純正品はこんな方におすすめ!

  • インクの色にはこだわりがある
  • 長期保存を重視する
  • 簡単手軽がいい
  • 印刷コストは高くてもOK
  • インクは年1回しか買わない

2.LC3111 4PKのインクは非純正インクがある

プリンターを購入した際に付属しているのはLC3111 4PKの純正インクカートリッジですが、実はそれ以外にも、互換インク、詰め替えインクがあります。

これらの非純正インクはお薬のジェネリックのようなものだと思ってください。

大幅なコスト削減ができるのがなんと言ってもメリットです。

非純正インクの中でも今回は詰め替えインクのお話しを致します。

それはコスト削減比としてはダントツだからです。

初回はリセッターという道具を購入する必要があるので約半額程度のコスト削減ですが、次回よりLC3111BK/C/M/Y用にインクボトルのみを購入すればよいので75%以上のコスト削減になることが何よりの魅力です。

詰め替えることでLC3111のインク代が78%以上削減できるのです。

実際、LC3111の詰め替えインクをご利用されておられるのは中小企業様が多いです。

皆様のコスト削減のお役に立てているようです。

ただまだ、詰め替えインクって何?と思われる方もおられるのではないでしょうか?詰め替えインクは空になった純正のインクカートリッジに自分でインクを詰め替えるものです。

2-1.LC3111 の詰め替えインク方法

LC3111 4PKのインクカートリッジが空になったら自分でインクを詰め替えます。

詰め替え方法はインク出口にボトルを差し込んでインクを注入します。

満タンになると矢印の部分にインクが入っているのを確認できます。

2-2.詰め替えにはリセッターが必要

例えばLC3111BKだと空のなったLC3111BKのインクカートリッジにインクを詰め替えることですぐに使えるわけではありません。

インクカートリッジを見て頂くと背にチップがついています。このチップがインクの残量を記憶しているのでそれをリセットする必要があるのです。

なのでLC3111の詰め替えにはLC3111専用リセッターが必要になります。

写真はLC3111のインクカートリッジをリセットしている様子です。次の写真は「インク残量の画面」ですが、黄色がリセットされたことがわかります。

リセットすると残量表示がもどり、印刷することが可能になります。どうです!なかなか面白いですよね。

リセッターはインクを詰め替える度に使います。1個のリセッターでLC3111BK、LC3111C、LC3111M、LC3111Y全色に使えます。

なお、LC3111のリセッターの使用方法はとても簡単です。

2-3.LC3111 4PK詰め替えインクは驚異のコスト削減!

詰め替えインクは125mlの大ボトルで80%以上のコスト削減になります。

型番 純正インク容量 インクボトル30ml
902円/単品
インクボトル125ml
3,135円/単品
LC3111Bk 10ml 3回詰め替えOK
1回あたり300円
12.5回詰め替えOK
1回あたり250.6円
LC3111C/M/Y 7ml 4回詰め替えOK
1回あたり225.5円
17.8回詰め替えOK
1回あたり176.12円

詰め替えインクを使うと大幅コスト削減ができることがわかります。

但し初回はリセッターを購入しないといけないのでその分割高になります。それでも純正品の約半額になります。

2-4.LC3111 4PKの詰め替えインクはこんな方におすすめ!

  • とにかくインクコスト削減したい
  • 沢山印刷する
  • 詰め替えの手間を楽しめる
  • インクは普段使いで充分

2-5.詰め替えインクセット

lc3111 4pkの詰め替えインクを購入される場合はまずは、リセッター付きのビギナーセットを購入します。

リセッターがついたlc3111 4pk価格は黒が2本、シアン、マゼンタ、イエローは各1本入りで8,500円です。

セット価格は高く感じるけどこれで黒は2本入っているから6回、カラーは4回詰め替えられるね。純正品と比べると約半額になるよ。

 

LC3111-4PK詰め替えインク LC3111BK/C/M/Y
30ml 単品
LC3111BK/C/M/Y
125ml 単品
商品画像 LC3111 詰め替えインク LC3111 30ml LC3111 125ml
商品詳細 30ml 黒2本、C・M・Y各1本
リセッター
30ml 色が選べる3本セット 125ml  色が選べる3本セット
エコッテ会員価格 ¥8,500 ¥2,500 ¥8,500
ご注意 初回は必ずビギナーセットをお求めください。リセッターは電源を取るためにUSBコードが必要です。
対純正インク 54%のコスト削減 75%から82%のコスト削減 79%から86%のコスト削減

2-6.詰め替えインクはどこで買う

詰め替えインクは詳しいお店が少ないので信頼できるお店をお選びください。

  • インクの専門店
  • 販売実績があるお店
  • プリンターのことにも詳しい担当者がいるお店
  • 保証がしっかりしているお店
  • リピート客が多いお店

2-7.エコッテは1999年創業

プリンターを買い替えながらも何年もお付き合い頂いているお客様もいるんだよ。(`・∀・´)エッヘン!!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

関連記事

創業1999年「詰め替えインクのエコッテ」
創業1999年「詰め替えインクのエコッテ」