エプソンの「IC6CL50」は何を買えばお得?

エコッテ ごとう 6,740 views
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

この記事をお読みいただいている方の中には、IC6CL50(ふうせん)のインクについて、何を買えばいいのか迷っている方も多いと思います。

実際、家電量販店やWEB通販サイト(amazonや楽天市場など)では、様々なインクが販売されていて、よくわからないですよね……。

そこでこの記事では、インクの型番・種類・価格など、きっとためになるお役立ち情報を紹介します。

お手持ちのプリンターを有効活用していただけるよう、最適なインク選びのお手伝いになれば嬉しいです。

早速ですが、結論から知りたいという方もいると思うので、インクの種類とポイントをあげてみました。

  • 純正品は、プリンターメーカー正規品で、価格はとても高いが、とにかく品質に優れている。
  • 互換品(互換インク)は、純正品を模して製造された新品だが、価格や品質も様々で、比較検討の必要がある。
  • 詰め替えインクは、純正品に補充するためのインクで、とにかく印刷代を節約できて、プリンターにも安全。
インク代を節約したい場合は、「詰め替えインク」が圧倒的にお得だね。

助太刀異星人
もひっち

節約する

「IC6CL50」 は売れ筋プリンター対応のインク

エプソンのインク「IC6CL50」に対応しているプリンターはとてもたくさんあり、全部で25機種であります。

EP-301 / EP-302 / EP-4004 / EP-702A / EP-703A / EP-704A / EP-705A / EP-774A / EP-801A / EP-802A / EP-803A / EP-803AW / EP-804A / EP-804AR / EP-804AW / EP-901A / EP-901F / EP-902A / EP-903A / EP-903F / EP-904A / EP-904F / PM-A820 / PM-A840 / PM-A840S / PM-A920 / PM-A940 / PM-D870 / PM-G4500 / PM-G850 / PM-G860 / PM-T960です。(2019年10月1日時点)

いずれも、エプソンのColorio(カラリオ)シリーズの主力となっているインクジェットプリンターです。

プリンターで使用するインクカートリッジの純正型番、 IC6CL50で、 6CLは6色カラーという意味のようです。

「IC6CL50」の純正品は価格が高い

ic6cl50

プリンターメーカーであるエプソンから発売されているのが、純正品のインクカートリッジです。つよインクというだけあり、とても高品質ですが、その分、価格はとても高いものになっています。

エプソンのダイレクトショップでそれぞれの価格を見てみると、 セットのIC6CL50は、6,721円(税込) 各色本1本ずつでは、1,155円(税込)となっています。(2019年10月1日時点)

純正品のインクカートリッジはとても高く、インクがなくなるたびに、純正品を購入していくと、あっという間にプリンター本体よりも高い価格になってしまいます。

「IC6CL50」の純正品はこんな方におすすめ!

  • インクの色にはこだわりがある
  • 長期保存を重視する
  • 簡単手軽がいい
  • 印刷コストは高くてもOK
  • インクは年1回しか買わない

「IC6CL50」の互換インクは印刷コスト1/3節約

 EPSON IC50 (ふうせん) 互換インク

プリンターのインクで純正品以外に、互換インクカートリッジというものがあります。純正品を模して製造されたインクカートリッジで、純正メーカー以外の商品です。

純正品よりも安く販売することを目的としているため、インクの品質はやや劣りますが、普段使いには十分です

また、純正品と同じように、プリンターにセットするだけなので、簡単にインクを交換することができます。

プリンターインクの通販老舗店エコッテでは、「IC6CL50」の互換インクカートリッジを、2,420円(税込)で販売しています。

印刷コストは約1/3です。

互換インクはこんな方におすすめ!

  • インクは普段使いで充分
  • 長期保存しない(20年程度)
  • 簡単手軽がいい
  • それなりに印刷コストを削減したい
  • インクは年数回しか買わない
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

関連記事

創業1999年「詰め替えインクのエコッテ」
創業1999年「詰め替えインクのエコッテ」