このエントリーをはてなブックマークに追加

DCP-J963Nのお得なインクはこれしかない!

963
Pocket
LINEで送る

DCP-J963Nはブラザーの中で最も売れているプリンター!

アマゾン プリンタの売れ筋ランキングを見てみるとDCP-J963Nは、ブラザーの中で、最も売れているプリンターです。販売価格も1万円をきってきているので、ご家庭で購入するプリンタとしてもお手ごろです。両面印刷やレーベル印刷、無線印刷もできるので多機能です。色はブラック(DCP-J963N-B)とホワイト(DCP-J963N-W)がありますが、ホワイトの方が売れているようです。

DCP-J963Nに対応したインクカートリッジはLC211-4PK

DCP-J963Nで使用する純正品のインクカートリッジは、LC211-4PKという型番で4色を使用します。それぞれの色は●顔料ブラックLC211BKシアンLC211CマゼンタLC211MイエローLC211Yという型番になっています。シアン、マゼンタ、イエローのカラー3色は染料を採用しています。顔料インクは文章をくっきりはっきり印刷するのに向いていて、染料インクは写真を発色よくキレイに印刷するのに向いています。DCP-J963N

純正品のインクカートリッジは品質はよいが、価格が高い!

01070515_01プリンタメーカーから発売されている純正品のインクカートリッジは、4色セットで3,755円(税込)です。(2016年6月28日時点)インクの量は、●LC211BKが約10ml、シアン、マゼンタ、イエローのカラー3色は、それぞれ約7mlずつインクが入っています。なので、合計は約31ml。インクのコストとしては、約121円/mlです。1mlでジュースの値段と同じだと思うと、とても高いように感じますね。

互換インクカートリッジの品質は価格次第で変わる?

vi_99806馴染みのある方も多くなってきた互換インク。純正品を模して製造されたインクカートリッジです。純正品と同じように、プリンタにセットするだけで手軽に使うことができます。互換インクは販売しているお店によって値段はピンキリです。ただし、あまりにも安く販売しているようなお店で購入すると、カートリッジがプリンタで認識してくれなかったりといったトラブルもあるようです。またインクの質も違いがあります。
エコッテでは、4色セット3,264円(税込)で販売しています。(2016年6月28日時点)インクの量は純正品と同じなので、インクコストは、約105円/mlです。
LC211present

詰め替えインクなら安いうえに、トラブルもなし!

103320-1意外とあまり知られていないのが、詰め替えインクです。シャンプーや洗剤などと同じように、実はプリンタのインクも補充して使うことができます。インクが切れてしまった純正品のカートリッジのインク出口から、詰め替え用インクボトルを使ってインクを注入することができます。詰め替えインクは30mlで886円(税込)なので、インクコストは、約30円/mlです。純正品の4分の1のコストで印刷ができることになります!

>>> brother LC211-4PK 詰め替えインク
「通常価格7,668円(税込)が、今なら会員登録をするだけで、6,668円(税込)で購入可能!
初回登録ならすぐに使える200ポイントも付与されるので、さらにお得です!」
■対応機種
DCP-J562N / DCP-J762N / DCP-J962N-B / DCP-J962N-W / DCP-J963N-B / DCP-J963N-W / MFC-J730DN / MFC-J730DWN / MFC-J830DN / MFC-J830DWN / MFC-J880N / MFC-J900DN / MFC-J900DWN / MFC-J990DN/ MFC-J990DWN
>>> 詰め替えインクのエコッテ 詰め替えインク 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する記事