キャノンGX4030 GX4000 インク交換・補充は何がお得?

エコッテ スタッフ 712 views
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
CanonG5030プリンタ

Canonのビジネスインクジェットプリンター GX4030、GX4000のインクについて、何を買えばいいのか迷っている方のために、詰め替えインクのエコッテがインクの型番・種類・価格など、きっとためになるお役立ち情報を紹介します。

実際、家電量販店やWEB通販サイト(amazonや楽天市場など)では、様々なインクが販売されていて、よくわからないですよね……。お手持ちのプリンターを有効活用していただけるよう、この記事が最適なインク選びのお手伝いになれば嬉しいです。
早速ですが、結論から知りたいという方もいると思うので、インクの種類とポイントをあげてみました。

  • 純正インクは、プリンターメーカー正規品で、価格はとても高いが、とにかく品質に優れている。
  • 互換品(互換インク)は、純正品を模して製造された新品で、価格や品質も様々、、比較検討の必要がある。
  • 詰め替えインクは、純正インクに補充するためのインクで印刷代を大幅に節約でき、プリンターにも安全。
Canon GX4030・GX4000でプリンターインク代を節約したい場合は、「互換インク」が圧倒的にお得だね。

助太刀異星人
もひっち

 

節約する

GX4030はCanonで売れ筋のビジネスプリンター

ギガタンク搭載のビジネスプリンター機種

Canonで人気のビジネスインクジェットプリンター、GX4030は「特大ギガタンク搭載」タイプの機種です。「特大ギガタンク」とは、インクジェットプリンターに、大容量のインクタンクを搭載し、インクを注入することができるプリンターです。

従来のインクジェットプリンターのように、インクがなくなってもカートリッジごと交換する必要がなく中身だけを補充できるのでたくさんの書類を印刷する用途に向いています。

GI-36シリーズのインクを補充して印刷

プリンターで使用するインクカートリッジの純正型番は、GI-36シリーズで、 4色カラーです。

キャノンのインク「GI-36シリーズ」に対応しているプリンターはGX4030(GX4000 series)です。

それぞれ、GI-36PGBKはブラックの顔料、GI-36Cはシアンの染料、GI-36Mはマゼンタの染料、GI-36Yはイエローの染料になります。

Canon GX4030の純正インクは価格が高い

GI-36純正インクボトル

プリンターメーカーであるキャノンから発売されているのが、純正品のインクボトルです。

純正インクというだけあり、とても高品質ですが、その分、価格はとても高いものになっています。

キャノンのダイレクトショップでそれぞれの価格を見てみると、 セットで購入すると、23,210円(税込)となっています。(2021年08月17日時点)

メーカー純正品のインクカートリッジはとても高く、インクがなくなるたびにに高価な純正インクボトルを購入していくと、あっという間にプリンターインク代がプリンター本体よりも高い価格になってしまいます。

純正インク GI-36PGBK GI-36C GI-36M GI-36Y 合計容量 価格 印刷コスト
通常のインク量 175ml 140ml 140ml 140ml 595ml 23,210円 39円/ml

純正インクはこんな方の印刷におすすめ!

  • インクの色にはこだわりがある
  • 長期保存を重視する
  • 印刷コストは高くてもOK
  • インクは年1回しか買わない

GX4030互換インクボトルはトラブルなく純正インクより安い!

GI-36互換インクボトル

 

次に、意外とあまり知られていないのが、汎用性のある互換インクボトルです。

互換インクボトルも、純正品のインクボトルと同様、エコタンクにインクを補充して使用する詰め替え用の商品です。

純正品ではないので、価格も安く済みます。

純正品ではないですが、プリンターとの間でトラブルが起きにくいため、安心してご使用いただけます。

詰め替えインク GI-36BK GI-36C GI-36M GI-36Y 合計容量 価格 印刷コスト
注入量 175ml 140ml 140ml 140ml 595ml 5,600円 9.4円/ml

互換インクボトルはこんな方の印刷におすすめ!

  • インクは普段使いで充分
  • 長期保存しない(20年程度)
  • とにかく印刷コストを削減したい
  • インクは月1回以上買う

Canon以外の非純正インクはどこで買える?

非純正のインクを販売しているお店は沢山ありますが、商品の品質にバラつきがありますので信頼できるお店をお選びください。なお、詰め替えインクを販売しているお店は限られてきますので選択肢は狭まります。

安くても高品質なインクのお店を選ぶポイント

  • インクの専門店
  • 販売実績があるお店
  • プリンターのことにも詳しい担当者がいるお店
  • 保証がしっかりしているお店
  • リピート客が多いお店

詰め替えインクのエコッテは1999年創業のプリンターインク専門店

  • 1999年創業のインクの専門店
  • 販売実績30万件以上
  • 詰め替えインクは自社開発商品
  • インク商品とプリンターのダブル保証
  • ファンが多いのが自慢(エコッテの口コミ・評判)

まとめ・GX4030/GX4000に安く補充するなら互換インクボトル

今回紹介したように、Canonのビジネスインクジェットプリンター GX4030・GX4000でインクを補充するにはメーカー純正インクボトルと互換インクボトルの2種類があります。

長期保存が必要な印刷には、高価格でも高品質なCanon純正インクボトルがおすすめですが、日常使いの書類印刷なら品質が安心できるサードパーティー品の互換インクボトルで印刷代が節約できるのでチェックしてみてください。

インクボトル 価格 印刷コスト
Canon純正インクボトル 23,210円 39円/ml
互換インクボトル 5,600円 9.4円/ml
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

関連記事

創業1999年「詰め替えインクのエコッテ」
創業1999年「詰め替えインクのエコッテ」