プリンターインクのことならなんでも相談OK!豊富な商品知識と安心のサービスならエコッテ

平日11時までの注文で当日発送、5,000円以上の注文で送料無料
日()発送!
045-663-1285 電話で注文OK、平日9:00〜18:00受付(土日祝日休)

お知らせ

いらっしゃいませ ゲストさん

プリンターインクの通販老舗店エコッテ > コンテンツ > おすすめプリンター > 各メーカーの特徴 > ブラザー

ブラザーで主流になっているインクジェットプリンターは、エプソンと同じですべて複合機です。印刷機能だけしかないというプリンタはありません。なので、コピーとスキャナーの機能はもれなくついています。キャノンやエプソンと違うのは、レーベル印刷(ディスク印刷)のできるプリンタが限られるという点とFAXや電話(子機)をつけられるプリンタが多いという点です。そのうえで、まずまず安いA4複合機(…?@)、価格の高いA4複合機(…?A)、ちょう割安なA3複合機(…?B)、価格の高いA3複合機(…?C)に分けられます。それぞれ、各プリンタの代表をあげてみました。

?@まずまず安いA4複合機

ブラザー
PRIVIO BASICシリーズ
DCP-J957N-B/W
ブラザー
PRIVIO BASICシリーズ
DCP-J952N-B/W
ブラザー
PRIVIO SIMPLEシリーズ
DCP-J137N

代表プリンタ:PRIVIO DCP-J957N-B/W、DCP-J952N-B/W、SIMPLE DCP-J137N

特徴:価格は、5千円〜8千円程。大衆向け?に発売されたプリンタと言って間違いないでしょう。DCP-J957Nは、コピー、スキャナー、両面印刷、レーベル印刷もできるので、ほぼフルスペックです。DCP-J137Nは、両面印刷とレーベル印刷はできず、液晶モニターも1行表示の簡素なものになっています。そのため、5千円ほどで購入することができます。

DCP-J952Nは2013年のモデルなので、だいぶ古い型ですが、わりとロングセラーになっています。DCP-J957NがDCP-J952Nをマイナーチェンジしたプリンタなので、スペックはほとんど変わらずです。DCP-J957NはNFCというスマホなどをプリンタにかざすだけで印刷できる機能がついていますが、必要なければ、2千円くらいの差なので、DCP-J952Nの方がお買い得です。

?A価格の高いA4複合機

ブラザー
PRIVIO BASICシリーズ
MFC-J727D/DW

代表プリンタ:PRIVIO MFC-J727D/DW

特徴:価格は、2万円前後。MFC-J727D/DWは電話機やFAX機としての機能を兼ね備えているため高くなりますが、後継機種のMFC-J827DN/DWN、MFC-J987DN/DWN、MFC-J897DN/DWNなどが3万円前後で販売されているので、型落ち品として安く手に入ればナイス!です。

両面印刷やレーベル印刷の機能はついていませんが、自宅で電話機も含めてたまに印刷をするという場合などは、間違いないプリンタです。もちろん、コードレスの子機は増設することができます。

?Bちょう割安なA3複合機

ブラザー
PRIVIO NEOシリーズ
DCP-J4220N-B/W

代表プリンタ:PRIVIO NEO DCP-J4220N-B/W

特徴:価格は、1万円前後。こ、これはと、驚いたのは、2015年の2月ごろです。(発売されたのが、2014年10月ごろなので、インク屋としては、遅かったか汗)A3用紙を印刷できて、コピーもスキャンも両面印刷もできる。そのうえ、給紙トレイも前面と背面にあり、ちょっとした封筒印刷などにも使える手差しトレイまでついています。

前面背面を合わせると、230枚の用紙をセットすることができます。?Cと大きく異なるのは、FAX機能がついていないという点ですが、使わない場合には、大きく費用を節約できるので、とてもおすすめです。重さも10kgほどです。1万円前後で買えるということは、キャノンやエプソンのA4複合機と同じ価格帯なので、プラスA3も印刷できるということは、かなりのお得感があります。しかも、印刷速度も速く、見た目もシンプルでスタイリッシュです。花丸進呈!

?C価格の高いA3複合機

ブラザー
PRIVIO WORKSシリーズ
MFC-J6570CDW
ブラザー
PRIVIO WORKSシリーズ
MFC-J6970CDW

代表プリンタ:PRIVIO WORKS MFC-J6570CDW、MFC-J6970CDW

特徴:価格は、2万円〜3万円程。エプソンのPX-1700Fと並んで、プリンタ界ではマンモス的な存在を放っている機種です。どちらも15kgほどあるので、移動するにもひと筋トレといった感じです。違いは、MFC-J6970CDWの給紙トレイが2段になっている分、500枚の用紙をセットしておくことができます。

MFC-J6570CDWは半分の250枚収納です。モノクロの印刷速度は、22枚/分で、これは、キャノンやエプソンにはない速さです。ブラザーのひとつの特徴でもありますが、プリンタから次々と印刷物が出てくる印象があります。

まとめ

一言で言うなら、?BのDCP-J4220N-B/Wを買ってください!という感じです。A3複合機を発売していないキャノンも、価格の高いA3複合機を発売しているエプソンも、ビックリ仰天ではないでしょうか。ただし、「A3用紙の印刷はしない。」「FAX機がないと話にならない。」などと言った場合には、?@や?Cの選択肢になるでしょう。何度も言いますが、DCP-J4220N-B/Wは買いなプリンタです!今後、ブラザーから後継機種としてどのようなプリンタが発売されるのか楽しみですね。

2017/10/28現在

 お店の紹介

詰め替えインクのエコッテ神奈川県横浜市桜木町にある1999年創業のプリンターインクの通販老舗店です。最新の商品から、当店しか取り扱いがない貴重な商品まで、4,000点以上の商品を扱っています!わからないことなどは、お気軽にご相談ください!
TEL:045-663-1285(平日9〜18時)