PX-M160Tのインクは何を買えばお得?

公開日:更新日:
Pocket
LINEで送る

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

EPSON PX-M160T対応の純正品はKSU+HSMシリーズ

EPSON エコタンク搭載モデル PX-M160Tに対応した消耗品、純正品のインクカートリッジは、KSU/HSMシリーズです。 4色カラーで、対応しているプリンターはEW-M5071FT / EW-M660FT / PX-M160T(顔料ブラックのみ使用) / PX-S160T(顔料ブラックのみ使用)/ EP-M570T(カラー)です。4色あり、それぞれ、KSU-BKはブラックの顔料、HSM-Cはシアンの染料、HSM-Mはマゼンタの染料、HSM-Yはイエローの染料になります。プリンタで印刷を続けていくと、インク切れになりますが、インクはいったいなにを購入するのがよいのでしょうか?

KSU・HSM(クツ・ハサミ)の純正品は価格が高い

プリンターメーカーであるエプソンから発売されているのが、純正品のインクボトルです。純正インクというだけあり、とても高品質ですが、その分、価格はとても高いものになっています。 エプソンのダイレクトショップでそれぞれの価格を見てみると、 セットで購入すると、4,860円(税込)となっています。(2018年12月19日時点)純正品のインクカートリッジはとても高く、インクがなくなるたびに、純正品を購入していくと、あっという間にプリンター本体よりも高い価格になってしまいます。

純正品 KSU-BK HSM-C HSM-M HSM-Y 合計 価格 コスト
通常量 140ml 70ml 70ml 70ml 350ml 4,860円 14円/ml

純正品はこんな方におすすめ!

  • インクの色にはこだわりがある
  • 長期保存を重視する
  • 印刷コストは高くてもOK
  • インクは年1回しか買わない

PX-M160T対応のKSU・HSM(クツ・ハサミ)の詰め替えインクはトラブルなく、安い!

次に、意外とあまり知られていないのが、汎用性のある詰め替えインクです。詰め替えインクも、純正品のインクボトルと同様、エコタンクにインクを補充して使用する詰め替え用の商品です。純正品ではないので、価格も安く済みます。純正品ではないですが、プリンターとの間でトラブルが起きにくいため、安心してご使用いただけます。

詰め替え KSU-BK HSM-C HSM-M HSM-Y 合計 価格 コスト
注入量 140ml 70ml 70ml 70ml 280ml 3,180円 11円/ml

詰め替えインクはこんな方におすすめ!

  • インクは普段使いで充分
  • 長期保存しない(20年程度)
  • とにかく印刷コストを削減したい
  • インクは月1回以上買う

>>> EPSON KSU+HSM-4CL(クツ・ハサミ) 詰め替えインク セット
「5,000円以上は送料無料でお届け!商品とプリンターの保証つき!」

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する記事