エプソン LP-S6160 トナーは何を買えばお得か?

エコッテ ごとう 2,800 views
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
LP-S6160

エプソン LP-S6160  トナー を探しているが、どこでどの商品を買えばお得か悩んでいる方向けのページです。トナー代を節約するには2つの方法があります。ご自分にあった方法で経費削減ができるようお手伝いできれば嬉しいです。
まず、結論からお話しします。純正トナーより大幅にコスト削減できるのはリサイクルトナーです。

ここからは、エプソン LP-S6160 トナーについて掘り下げてお話ししていきます。プリンターの特徴、再生トナーの違いなどを詳しくお話ししていきますので節約の参考にして頂ければ幸いです。
節約する

エプソン LP-S6160 トナーについて

まずはエプソン LP-S6160 のプリンターやトナー型番について触れていきます。

エプソン LP-S6160 プリンターはカラーA3機

LP-S6160は2016年1月に発売されたカラーレーザープリンターです。このプリンターの特徴は何といってもA3が印刷できるプリンターとしては本体の価格が安いという点ではないでしょうか?メーカー価格が税別で4万円を切った39,980円(税別)ですので相当安いですね。価格.comで最安値を確認すると35,028円(税込)ですので本当にお手頃です。
ただ、プリンター本体が安い反面消耗品が高いのがデメリットです。

LP-S6160トナー「LPC3T35」LPC3T34」と同じトナーを使うプリンタ機種は下記の通りです。こちらも同じリサイクルトナーが使えるのでご安心下さい。
LP-S6160 / LP-S616C8 / LP-S616C9 / LP-S6160C0

エプソン LP-S6160のトナー型番

エプソン LP-S6160 トナーは3種類あります。トナー価格はエプソン公式サイトの税別価格です。(2020年11月16日時点)

    • 環境推進トナー(Mサイズ): LPC3T35CV・LPC3T35MV・LPC3T35YV・LPC3T35KV、カラー各色12,400円、黒13,600円
    • ETカートリッジ (Sサイズ): LPC3T34C・LPC3T34M・LPC3T34Y・LPC3T34K、カラー各色10,000円、黒9,500円
    • ETカートリッジ(Mサイズ): LPC3T35C・LPC3T35M・LPC3T35Y・LPC3T35K、カラー各色18,500円、黒16,800円

印刷枚数はそれぞれ次の通りです。

    • 環境推進トナー(Mサイズ): カラー各色3700枚、黒4100枚
    • ETカートリッジ (Sサイズ): カラー各色1600枚、黒1600枚
    • ETカートリッジ(Mサイズ): カラー各色3700枚、黒4100枚

エプソン LP-S6160のトナーは高い!

LP-S6160のトナーはとても小さいので初めてトナー交換をされた時にはビックリされたのではないでしょうか?こんなに小さいと少ししか印刷できませんよね。

LP-S6160トナー のリサイクル品

エプソンが製造した純正トナーをエンドユーザーが使用した後、エプソン以外の製造メーカーが回収して再生した商品を再生品、再生トナー、リサイクルトナー等と呼んでいます。再生品でも海外で製造されたものと日本国内で製造されているものがあります。
尚、環境推進トナーは所有権がエプソンになるのでリサイクルできません。ETカートリッジのみとなります。ETカートリッジでも容量の大きいMサイズがリサイクルされることがほとんどです。

「LP-S6160トナー」再生品の品質について

また、再生品といっても正直ピンからキリまであるのが現状です。どこが違うかというと、トナーの粉だけを交換しているリサイクル工場とトナー交換の際、破損した部品などを交換し、きれいに洗浄した上でトナーを詰めている工場で大きな差があります。
また、安価すぎる再生トナーは粒子の粗い安価な粉を使用していることもあるので要注意です。

エコッテで販売している再生トナーは国内の品質基準認定工場で製造されている高品質の再生トナーです。ですので出荷数も月間7万本という再生トナー日本一(2019年度実績)を誇っています。

 

トナー高品質の証

LP-S6160トナーの再生品はこんな方におススメ!

  • 今まで純正トナーしか使ったことがない
  • 海外品より国内品が安心
  • 印刷コストを安くしたい
  • 使用済みカートリッジの回収をして欲しい

LP-S6160トナー 再生品でコスト削減!

リサイクルトナーの利点は大きめのサイズ程割安だということです。リサイクルトナーを製造するにあたってコストがかかるのは空トナーカートリッジの回収、回収後のトナーの洗浄・トナー補充等です。これにトナーの粉・部品等が加わります。トナーカートリッジ自体はあるのですから、大き目のトナーでも小さ目のトナーでも補充の手間は変わりません。ですので リサイクルトナーは大容量ほどお得なのです。この点はぜひ、知って頂きたい点です。

エプソン純正トナー ETカートリッジ(Mサイズ): LPC3T35C・LPC3T35M・LPC3T35Y・LPC3T35Kが
カラー各色18,500円(税別)、黒16,409円(税別) が 再生トナーだとカラー、黒共に6,409円(税別)になります。なんと 黒で約61%、カラーで約65%のコスト削減になります。再生トナーの4色パックですとエプソンダイレクトショップで65,070円(税別)が15,909円(税別)で約75%のコスト削減になります。

LP-S6160トナー 再生品(LPC3T35)のラインナップ

LPC3T35 LPC3T35
¥17,500 ¥7,050

 

LP-S6160 ユニットドラム

LP-S6160についてはトナーの他にドラムも消耗品になります。ドラムは黒とカラーにそれぞれ分かれています。ドラムも高額ですので再生品をお使いになることをおススメします。ちなみにカラーは3本必要になります。

  • ドラム(感光体ユニット)黒 : LPC3K17K ユニットモノクロ(K)   12,000円(税別)
  • ドラム(感光体ユニット)カラー : LPC3K17 ユニットカラー(C/M/Y共通)  12,000円(税別)

LP-S6160 ユニットドラム 再生品ラインナップ

MF226DN MF226DN
¥7,370(税込) ¥7,236(税込)
LPC3K17 ユニットカラー(C/M/Y共通)国産再生品 LPC3K17K ユニットモノクロ(K) 国産再生品
LP-S6160はA3機でプリンターが安いけど消耗品はトナーだけでなく、ユニットドラムも必要なのでランニングコストは高くつくね。

LP-S6160の再生トナー、ドラムはどこで買う

LP-S6160の再生トナー、再生ドラムを購入する場合は 次の点を確認してお店を選ぶと良いでしょう。

お店選びの5つのポイント

  • インクの専門店
  • 販売実績があるお店
  • プリンターのことにも詳しい担当者がいるお店
  • 保証がしっかりしているお店
  • リピート客が多いお店

エコッテは1999年創業

領収書は商品発送後すぐにお届け

クレジットカード決済、AmazonPay払いなど電子決済をご利用いただいたお客様宛に商品発送後、領収書発行用のメールをお送りしています。宛名、但書をお客様にご入力いただきPDF形式で保存が可能です。PDFをメールに添付すれば、会社への提出も楽々。在宅勤務(リモートワーク)の方でも安心してご利用いただけます。

エコッテは創業1999年からプリンターのインク一筋だから長年のファンもいるんだよ。(`・∀・´)エッヘン!!

LP-S6160と再生トナーエコッテも使ってます!

LP-S6160とトナー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

関連記事

創業1999年「詰め替えインクのエコッテ」
創業1999年「詰め替えインクのエコッテ」