インクの詰め替え時にリセッターを使プリンタ

平日13時迄のご注文は即日発送 5,000円以上のご注文で送料無料 045-663-1285 電話で注文OK、平日9:00~18:00受付(土日祝日休)

お知らせ

大雨の影響により、一部地域へのお届けの遅延または配送停止が発生しております。詳しくはお問い合わせください。

 お店の紹介

詰め替えインクのエコッテ神奈川県横浜市桜木町にある1999年創業のプリンターインクの通販老舗店です。最新の商品から、当店しか取り扱いがない貴重な商品まで、4,000点以上の商品を扱っています!わからないことなどは、お気軽にご相談ください!
TEL:045-663-1285(平日9~18時)

営業カレンダー

2018年7月の定休日
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

※赤背景は休業日です

このページでは詰め替えインクを詰め替える際、リセッターが必要な型番について紹介しています。詰め替えインクの種類によっては、インクを詰め替えただけでは使用できないものもあります。

リセッターとは?

リセッターはインクの残量表示をリセット(初期状態に戻す)する装置です。純正品のインクカートリッジにはICチップが付いており、この部分をプリンタが読み取ってインクの残量を表示しています。
なので純正品に詰め替えるタイプはインクを詰め替えただけでプリンタにセットしても、ICチップのインク残量が無い状態だとプリンタは「インクが無い!」と思ってしまい、印刷できません。
そこでリセッターを使うことによってICチップのインク残量を満タン状態にして、詰め替えたインクカートリッジをプリンタに認識されるようにします。
キヤノンはプリンタの機能でインク残量を表示しないように設定することができるので(残量表示無効操作)、リセッターを使わなくても詰め替えインクを使用することができます。

エプソン

エプソン
EP-977A3

代表プリンタ:EP-977A3

インクカートリッジ型番はIC6CL80で、EP-977A3以外でもIC6CL80が搭載されているプリンタは詰め替え時にリセッターを使用するプリンタです。少し前の型番ですがIC6CL70を使用するプリンタもリセッターを使うタイプです。

ブラザー

ブラザー
PRIVIO SIMPLEシリーズ
MFC-J727D/DW
ブラザー
PRIVIO BASICシリーズ
DCP-J4220N-B/W

代表プリンタ:MFC-J727D/DW,DCP-J4220N-B/W

MFC-J727D/DWはLC111-4PK、DCP-J4220N-B/WはLC213-4PKというインクカートリッジです。他にもLC110-4PK、LC113-4PKなどもリセッターを使用して詰め替えするタイプです。

まとめ

リセッターを使用するのは、エプソンとブラザーの最近のプリンタに搭載されているインクカートリッジに多いです。キヤノンは上にも書いている通り残量表示無効操作でリセッターを使わなくても印刷することが出来ますが、実は特定の機種のみリセッターも取り扱っています。しかしキヤノンの場合、リセットされたインク残量の精度は目安程度です。

※キヤノンのリセッターはこちら:BCI-325用 BCI-320用

2015/6/18現在

現在、商品はございません。