このエントリーをはてなブックマークに追加

PX-501Aのインクは何を買えばお得?

00601511624
Pocket
LINEで送る

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

カラリオPX-501Aは2008年発売のモデルです!

00601511624EPSON Colorio PX-501A」は4色顔料対応のインクジェット複合機です。

カラリオPX-501A対応の純正品はIC46シリーズ

そんなPX-402Aに対応した消耗品、純正品のインクカートリッジは4色で、IC4CL46です。●ブラックは、●ICBK46、シアン、マゼンタ、イエローは、それぞれ、ICC46、ICM46、ICY46を使います。プリンタで印刷を続けていくと、インク切れになりますが、インクはいったいなにを購入するのがよいのでしょうか?

>>> PX-501A用インク

純正品のインクカートリッジは品質はよいが、価格が高い!

IC4CL46_185x185まず、メーカーであるエプソンから発売されているのは、純正品のインクカートリッジです。100年インクというだけあり、とても高品質で、その分、価格もとても高いものになっています。エプソンダイレクトショップで価格を見てみると、IC4CL46 4色マルチパックは、4,395円(税込)になっています。(2017年6月26日時点)インクコストがとても高く感じますよね。
これでは何年もプリンタ使うとなると、ランニングコストがかさんでしまいます。ですが、もちろん、長期保存が目的の写真を印刷するなど、品質を重視する場合には、純正品をおすすめします。

純正品はこんな方におすすめ!

  • インクの色にはこだわりがある
  • 長期保存を重視する(100年インク)
  • 簡単手軽がいい
  • 印刷コストは高くてもOK
  • インクは年1回しか買わない

>>> PX-501A用 純正インク

互換インクは価格も品質もピンからキリまで!

ic4cl46_set4次に、プリンタのインクでよく知られているのが、互換インクカートリッジです。純正品と汎用性のあるカートリッジで、純正メーカー以外のメーカーが製造している商品です。純正品よりも安く販売することを目的としているため、インクの品質はやや劣りますが、普段使いには十分です。純正品と同じように、プリンタにセットするだけなので、簡単にインク交換ができます。
ただし、互換インクの品質はピンキリで、とても安い商品の中には、カートリッジに付属しているICチップが原因で、プリンタがカートリッジを認識してくれなかったり、カートリッジが変形していて、プリンタにセットしなかったりというものもあります。なので、たいていのお店では、満足できる品質の商品を販売しており、万が一の場合にも、保証やサポートがあるため、とくに問題なく使用できますが、あまりにも安い商品は要注意です。

互換インクはこんな方におすすめ!

  • インクは普段使いで充分
  • 長期保存しない(20年程度)
  • 簡単手軽がいい
  • それなりに印刷コストを削減したい
  • インクは年数回しか買わない

>>> PX-501A用互換インクカートリッジ

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する記事